麗澤大学って何て読むの?そもそも関東インカレ枠って何?調べてみた

   

Pocket

今日2018年10月13日、来年の「第95回東京箱根間往復大学駅伝競走」の予選会が行われました。

東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、国営昭和記念公園にゴールするハーフマラソン(21・0975キロ)のコースで行われました。

ん!?ハーフマラソン!? あれ!?前回の予選会までは20キロだったような…。

距離が伸びたんですね。

 

Sponsored Link

 

箱根駅伝予選会免除の「関東インカレ枠」は今話題の?日本大学に!!

今回は第95回の記念大会ということで、いつもよりも1校、出場枠が多い11校です。

しかも今回は「関東インカレ枠」という、よく分からないシステムの枠で、予選会免除で、日本大学が出場権獲得です。

この予選会での11校と、関東インカレ枠の日本大学、オープン参加の関東学生連合チームを含めた、全23チームが出場します。

 

「関東インカレ枠」について、ちょっと納得いかない駅伝ファンの方も多いかと思いますが、まぁ我々視聴者は仕方がない、といったところでしょうかね…。

 

 

箱根駅伝予選会、「関東インカレ枠」って何?

そもそも、関東インカレ枠とはいったいどういったものなのでしょうか?

◆関東インカレ成績枠 2014年に決定した箱根駅伝第95回記念大会の特別出場枠。14~18年の関東学生対校選手権(関東インカレ)男子1部の短距離、フィールドなど全種目の総合得点(1位8点、2位7点…8位1点)が最も多い大学に出場権が与えられる。日大が5大会累計701・5点で2位の順大に185・5点の大差をつけてトップ。今年の予選会を免除され、本戦に出場する。

引用:https://www.hochi.co.jp/sports/feature/hakone/20180705-OHT1T50192.html

日本大学は、去年の予選会で惜しくも敗戦して、出場枠を取れませんでした。

今年はいろいろと話題になりましたから、あーだこーだと言われるかと思いますが、長い歴史もあり、OBもたくさんいますから、

彼らの期待を裏切らないように、頑張ってほしいですね。

 

Sponsored Link

 

箱根駅伝予選会、突如⁉伏兵の麗澤大学が現れる!! …って、麗澤大学って何て読むの?

そんな今年の予選会で、注目するべき大学がありました。

惜しくも次点12位で初出場が叶わなかった、麗澤大学です。

麗澤大学(れいたく だいがく)と読むそうです。

ちょっと最初は読めないですね。

予選会を見ていた人の中には、駒澤大学と勘違いしてしまう人もけっこういたようです。

麗澤大学

 

麗澤大学は千葉県柏市にあり、船橋駅から、東武アーバンパークラインに乗って、新柏駅で降りてから、徒歩20分ほどのところにあります。

今年の予選会を見て、青学大の原晋監督は、麗澤大学の山川達也監督に対して、「麗沢大は後半、よく粘った。山川君はいいチームをつくっていると思う」と高く評価しています。

青学大の原晋監督と麗澤大学の山川達也監督は、中京大の先輩後輩の間柄に当たるそうです。

一応ですが、青学大の原晋監督が先輩に当たります。

 

青山学院も、かつては箱根駅伝から33年も遠ざかり、予選会次点敗戦を経験して、翌年から箱根駅伝に復活して、今の常勝軍団になりました。

麗澤大学も青山学院大学の後を追えるといいですね。

来年の予選会も注目です。

 

 - 未分類