いつかこの雨がやむ日まで7話感想最終回あらすじ…筧美和子の演技力は?

      2018/09/24

Pocket

2018年9月29日(土) 23時40分~放送のドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」

いよいよ来週は、最終回になります。

ついにひかりまでが狂ってしまった7話。

ひかりは正気を取り戻すことが出来るのか?

それとも狂ったまま地の果てまで堕ちてしまうのか?

そして15年前の事件の真犯人はいったい誰なのか?

一気に突っ走った展開になりそうですね。

 

Sponsored Link

 

「いつかこの雨がやむ日まで」7話の感想。和也の究極の優柔不断に…

ついに9月29日(土) 23時40分~の放送で最終回を迎えるドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」

先週の展開もドロドロが入り混じっていました。

いつかこの雨がやむ日まで6話感想7話あらすじ!渡辺麻友に堀井新太の演技力

まずは7話の感想を見ていきましょう。

いやぁ、まさか天竺が自ら命を捨ててしまうとは…。

謎が深まったまま、迷宮入りの予感も感じます。

15年前の事件の真犯人は千尋なんでしょうか?でもそうなると、天竺の命を捨てる行為は何なのか?

しかし和也は、ひかりに結婚することを告げながら、「どこか遠くに、誰も知らない場所にいかないか」と駆け落ちを提案するあたり、相変わらず、というか、究極の優柔不断っぷりですね。今更どっちなんだよ!しっかりしろよ!!って言いたくなります。

 

最終回、和也の優柔不断っぷりはストップするのでしょうか?それとも、さらにエスカレートしてしまうんでしょうか?

こんなところにも注目したいと思います。

いつかこの雨がやむ日まで

 

「いつかこの雨がやむ日まで」最終回のあらすじ。自暴自棄のひかりに迫るものとは?

いよいよ9月29日(土) 23時40分~の放送で最終回を迎えるドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」

最終回のあらすじを見ていきましょう。

自分の目の前で命を捨てた天竺。ひかりはその衝撃に苦しむ。

今まで信じてきたもの全てが崩れてしまいそう。そんな不安に襲われる。

芽衣と劇団員も同じく、天竺がいなくなった現実を受け入れられず、心にぽっかりと穴が開いたよう。

天竺がいない劇団は、存続の危機に陥る…。

そんな中、意識を失っていた兄・國彦が目を覚ます。

母・由布子から連絡を受けたひかりは「こんなことなら私も命を捨てたほうが…」

やりきれない気持ちのまま病院を出るひかりに体当たりする黒い影。

ひかりは階段から突き落とされてしまう…。

一方、和也は沙耶との結婚の準備を進めながらも、15年前の記憶を掘り起こそうとしている。

その頃、剛田は千尋のもとを訪ねて…。

 

今まで、謎がさらに謎を呼ぶ展開が続いていましたが、最終回で一気に加速する予感です。

15年前の事件の真相から全ての謎が解けていくような予感がありますね。

放送が待ち遠しいです。

 

Sponsored Link

筧美和子の演技力は?実家は天ぷら屋さん。料理の値段はどうなの?

9月29日(土) 23時40分~の放送で最終回を迎えるドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」

15年前の事件の真犯人も気になりますが、ひかりと沙耶の間で優柔不断っぷりを大いに発揮している和也がどうなるのかも気になります。

そんな和也を、ある意味引っ掻き回している印象が強い沙耶を演じているのは、筧美和子(かけい みわこ)さんです。

筧美和子

筧美和子さんは現在24歳。

2011年、友人と行ったファッションショーでスカウトされたのがデビューのきっかけだそうです。

2013年に「テラスハウス」に出演。

ここからモデルの仕事やテレビドラマ、バラエティー番組などに出演を広げていきます。

 

そんな筧美和子さん。

実家は渋谷で天ぷら屋さんを営んでいるそうです。

お店の名前は「天ぷら 筧」

東急田園都市線「池尻大橋」駅から徒歩3分くらいのところにあるみたいです。

営業時間はランチとディナーに分かれていて、お昼は900円からの定食や海鮮丼など、メニューは豊富みたいです。

でもやっぱり、店名に「天ぷら」と入れているくらいですから、行くなら天ぷらを中心に注文したいな、と思いました。

 

今まで演技力に疑問符がつけられることもあった筧美和子さんですが、このドラマでは、見事にインパクトのある役どころを演じています。

今後の筧美和子さんの活躍が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 未分類