ウエンツ瑛士留学決断の理由は、親友末高斗夢の落語家転身にあり?

   

Pocket

タレントとして、または歌手としても活躍しているウエンツ瑛士(ウエンツ えいじ)さんが、28日放送の日本テレビ系「火曜サプライズ」放送中に、9月で芸能活動を休止し、10月からロンドンに1年半舞台留学することを発表しました。

ウエンツ瑛士さんは、小池徹平(こいけ てっぺい)さんとのデュオ・WaT(ワット)としても活動されていましたね。

NHK紅白歌合戦にもWaT(ワット)として、第56回・57回と、2回の出場経験があります。

ウエンツ瑛士さんは、ずっとテレビに出続けている印象があるので、10月以降にその姿が見れなくなるのは、寂しい限りです。

 

Sponsored Link

 

なぜ今?ウエンツ瑛士が留学を決めた理由

ウエンツ瑛士さんは現在32歳。

タレントとしても歌手としても、いちばん脂の乗っている時期だと思います。

ではなぜ、今このときに留学を決意したのか?

じつは3年前から、いつかロンドンの舞台に立ちたい!という思いが燻っていて、その思いが強くなり、今回、ロンドンに行って、一年半、舞台の勉強をしてくる、とのことです。

正直、役者としてのウエンツ瑛士さんをあまり見たことがないので、このような思いを持ち続けていたのは意外でした。

しかし、よくこれだけの売れっ子の活動休止・留学を事務所が認めましたね。

それだけウエンツさん本人の意思が固かったのでしょう。

ウエンツさんの、今の地位に安住しない、新しいことにチャレンジする姿勢は、尊敬に値します。

一年半後、さらに逞しく、カッコよくなったウエンツ瑛士さんを拝見することを楽しみにしましょう。

 

ウエンツ瑛士

 

ウエンツ瑛士、ロンドン留学での心配事がひとつふたつ

ロンドンに舞台の勉強をするために、一年半留学することになったウエンツ瑛士さん。

異国の地で頑張ってもらいたいという思いはあるのですが、ひとつ心配があります。

それは、ウエンツ瑛士さんの熱狂的なファンの方が、ロンドンに行き、ウエンツさんの私生活を追っかけてしまわないか?と…。

そのようなファンの方は、いないと信じたいですが、本当のファンなら、そっと見守ってあげてほしいな、と思いました。

あと、バラエティー番組での司会・進行に長けていたウエンツさんですので、彼が抜けた穴を、だれがカバーするのか?も、ちょっとしたこれからの見どころになりますね。

 

Sponsored Link

ウエンツ瑛士の親友、末高斗夢は落語家に転身していた

9月で芸能活動を休止し、10月からロンドンに1年半舞台留学することを決めたウエンツ瑛士さん。

真面目で優しい人柄が、テレビ画面から伝わってきますね。

そんなウエンツさんの親友が、落語家の三遊亭とむ(さんゆうてい とむ)さんです。

三遊亭とむ

といっても、分かる人は少ないですね。

以前は、大きなバックに小道具を詰め込んで舞台に立ち、バックの中から出す小道具でダジャレを連発していた、末高斗夢(すえたか とむ)さん、と、言ったほうが分かる人が多いかと思います。

三遊亭とむさんは現在34歳。

2011年8月に落語家に転身。

そのきっかけは、東日本大震災のボランティアに芸人仲間と行ったとき、自分の出番になったら全く受けず、むしろ被災者に「がんばれ!」と励まされてしまったときに「このままじゃいかん!」と思い、落語家に転身することを決めたんだそうです。

この決断を、親友のウエンツさんは応援してくれて、苦しい時も支えになってくれたそうです。

もしかしたら、今回のウエンツさんの決断も、三遊亭とむさんからもらった勇気があるのかもしれませんね。

頑張ってほしいです。

 

 

 - 未分類