健康で文化的な最低限度の生活7話あらすじ感想!吉岡里帆のリュックは?

      2018/08/28

Pocket

8月28日(火) 21時00分~放送のドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」

いよいよ7話に入っていきます。

優秀な新人ケースワーカーの栗橋が、大きな問題に遭遇する⁉

それを見てえみるは、どう思うのか?

7話も楽しみですね。

 

Sponsored Link

 

「健康で文化的な最低限度の生活」7話あらすじ。今度は栗橋が⁉

ここで「健康で文化的な最低限度の生活」7話のあらすじを見ていきましょう。

頭脳明晰(めいせき)な優等生・栗橋(川栄李奈)は、その豊富な知識と福祉に対する高い意識でバリバリと仕事をこなす、同期随一の“できる"ケースワーカー。しかし、優秀すぎるが故に、“できない"人の気持ちが分からず、人前で笑うのも苦手。利用者に全身全霊でぶつかり、笑顔で接するえみる(吉岡里帆)を見て、人知れずコンプレックスを感じていた。 そんな栗橋が頭を悩ませていた利用者が中林吉徳(池田鉄洋)。姉を一年前に亡くして以来、働く意欲が全く感じられない。このままでは税金のムダ遣いにしかならないと考えた栗橋は、生活保護廃止につながる内容を文章化した“指示書"を発行。翌日、“指示書"を持って役所を訪れた中林から偶然話を聞いたえみるは、中林が、文字が反転したり、歪んで見えたりする発達障害の一つ“識字障害"だと告白される。 字の読み書き以外のことは普通にできるため、気付かれにくい識字障害。苦しみ抜いて生きてきた中林の事情も知らず、一方的に保護を打ち切りかけた栗橋は、顔には出さないものの落ち込み、半田(井浦新)や同期のメンバーも彼女を心配する。 しかし、栗橋は、翌日には立ち直り、識字障害について猛勉強。中林のため、理解ある就労先を見つけるために動き回る。しかし、肝心の中林とは、全く気持ちが通じ合っておらず、問題はさらに大きくなってしまう…。

引用:https://tv.yahoo.co.jp/program/48130126/

いやぁ、今回も問題がこじれてしまう予感がありますね。

人の気持ちを思うこと。その距離感はどのくらいが適当なのか?分かりませんね…。

ほんと人間って、むずかしいですね…。

健康で文化的な最低限度の生活

 

「健康で文化的な最低限度の生活」6話の感想。と、えみるのリュックが気になる

28日(火)に放送されるドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」7話が楽しみですね。

その前に、前回6話の感想を振り返りたいと思います。

いやぁ、保護申請に来た島岡光が、頑なに父親の雷を避けている理由が、幼いころに父から受けた虐待だったとは…。

この親子の間に入って、調整をしなければいけないえみるは、さぞかし疲弊したことでしょう。

半田さんのやさしくアドバイスするところなんか、すごくホッとする場面でしたね。

私がえみるの立場だったら、とっくに心が折れてます。

えみるを演じる吉岡里帆さんを、勝手に応援してしまいます。

吉岡里帆

あと、ちょっと気になったことがありまして。

えみるが仕事で使っているリュックがおしゃれだなと思い、調べてみたら、Dakota(ダコタ)というメーカーのリュックなんだそうです。

帆布素材とレザーの組み合わせで作られたリュックのようです。

 

 

Sponsored Link

「健康で文化的な最低限度の生活」栗橋の奮闘ぶりに、えみるはどう思う?

さて、7話で大きな問題にぶちあたって、苦労しそうなのが、えみるの同期、栗橋。

頭脳明晰で優秀だが、笑顔で全力でぶつかっていくえみるとはタイプが違い、真面目過ぎるきらいがあります。

この真面目過ぎる栗橋を演じるのは、今まさに時の人っていってもいいくらいの活躍を見せている、川栄李奈(かわえい りな)さんです。

川栄李奈

川栄さんは今回の栗橋という役どころを通じて、自分も大きく成長できたと語っているようです。

普段はあまり表情に出さず、真面目過ぎる栗橋が、今回、感情を爆発させる場面に行きつくまで。

栗橋の姿を見て、えみるは何を思うのか?

栗橋は利用者の中林の気持ちに寄り添うことが出来るのか?

見どころが止まりません。

28日(火) 21時00分~の放送を楽しみに待ちましょう。

 

 

 

 

 

 

 - 未分類