義母と娘のブルース7話あらすじ。佐藤健ダメ店主っぷりと故郷について

   

Pocket

8月21日(火) 22時00分~放送のドラマ「義母と娘のブルース」

いよいよ第7話に突入します。

楽しみですね。

今回は第7話のあらすじと、ほかに気になったことを書いていきます。

どうぞご覧ください。

 

Sponsored Link

 

ドラマ「義母と娘のブルース」7話のあらすじ

ドラマ「義母と娘のブルース」第6話から波乱の第2章に突入しました。

明日放送の第7話のあらすじを紹介します。

 

みゆきに仕事をすることでのやりがいや、たのしさを分かってほしい気持ちで、亜希子は 「ベーカリー麦田」 に再就職することにする。

「ベーカリー麦田」 は亜希子の想像以上のお粗末な万年赤字状態だった。

店長の 麦田 (佐藤健) は、経営にはまったく無頓着で、昨日の売れ残りを温めて店頭に並べてしまっている。そんな「ベーカリー麦田」の惨状を見て、亜希子は、みゆきに働くことの意味を分かってほしくて、「ベーカリー麦田」の立て直しを決意する。

そこで活きたのは、キャリアウーマン時代の知識や経験だった。

そんな亜希子の思いがあることを知らないみゆきは、運命的に再会した大樹 (井之脇海) から、突然、生まれて初めての告白をされて悩んでいた。

「今は受験だから勉強に専念しなきゃいけない」 という理由で断るみゆき。ここにはみゆきなりの、亜希子に喜んでもらいたい!という思いもあった。

しかし大樹も諦めずに、みゆきに「家庭教師をしてやる」と提案して、みゆきもそれを受け入れて、二人は自然と、一緒に過ごす時間が増えていく。

日頃、自分に対して目いっぱいの愛情を注いでくれる亜希子に対して、後ろめたさを感じるみゆきは、亜希子に対し、劣等感にも似た、複雑な感情が芽生えていく。
「亜希子の本当の娘だったら、亜希子のように何でもできる人になれていたのかな…」 と葛藤するみゆきは、亜希子に対し、今の自分の気持ちを思い切り言い放ってしまい…。

 

うーん…、亜希子のなんでも完璧にこなしてしまう背中を見て、みゆきは落ち込んでしまったんですね…。

確かに、こういう親を持ったら、子供のプレッシャーは半端ではないでしょうね…。

 

「義母と娘のブルース」佐藤健登場!役どころと、その多忙ぶりに心配の声

ドラマ「義母と娘のブルース」第2章から登場する「ベーカリー麦田」。

そのダメ店主「麦田 章」を演じるのは、今乗りに乗っている俳優・佐藤健(さとう たける)さんです。

佐藤さんのダメ店主っぷりに注目が集まっています。

 

佐藤健

佐藤健さんは、埼玉県岩槻市出身の、現在29歳。

高校二年生のときに原宿でスカウトされて、2006年にドラマ「プリンセス・プリンセスD」で俳優デビュー。

2007年には、今やイケメン俳優の登竜門になっている、仮面ライダーシリーズ第8作『仮面ライダー電王』で初の主演を経験。

ここから今日に至るまで、順調にキャリアを積み重ねています。

そんな佐藤健さん。最近ファンの間では、その多忙ぶりに、佐藤さんの顔に疲れの色が見え始めていて心配だ、といった声が出始めています。

しかし、この「義母と娘のブルース」での佐藤健さんは、どこか生き生きしていて、見ていて楽しい!というファンもいます。

今後も多忙な日々は続くと思いますが、体調に気を付けて、今後も活躍を期待します。

Sponsored Link

佐藤健の故郷は人形のまち?ホテルのまち?

ドラマ「義母と娘のブルース」に出演中の佐藤健さんの出身地、埼玉県岩槻市は、古くから雛人形を専門とする人形店が集積し、「人形のまち」として全国に知られています。

この「人形のまち」岩槻にて、こんなやりとりをしている人がいました。

テレビ東京のバラエティー「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第13弾で、この岩槻に到着して、次のルートを模索するために、駅近くの市役所に聞きに行く途中、蛭子能収さんは、この回のマドンナである田中律子さんに対し「岩槻はね、○○ホテルと人形の町」というトンデモ発言をしていました。

それを受けた田中律子さんは、「へぇ~、人形の町なんだぁ」と、さらりと受け流していました。

田中律子

現在「路線バスで寄り道の旅」で、徳光和夫さんを手玉に取っている様子を見ると、蛭子さんとのやりとりを思い出し「さすがだなぁ」といつも感心してしまいます。

すっかり話が逸れてしまいました。すいません。

 

 

 

 

 

 - 未分類