いつかこの雨がやむ日までのあらすじとみどころ、渡辺麻友主演

      2018/08/08

Pocket

2018年8月4日(土)  23時45分~放送のドラマ「いつかこの雨がやむ日まで

AKB48卒業後、初の連ドラ出演にして初主演の渡辺麻友さんに注目が集まっています。

その役どころは、15年前に兄・國彦が殺人犯として逮捕され、“犯罪者の妹"として生きてきた北園ひかり役です。

その兄・國彦が刑務所から出所してきたときに、妹のひかりに言った言葉は「俺は無実だ…」

そこから運命の歯車は動き出します。

 

Sponsored Link

 

いつかこの雨がやむ日までのあらすじについて

4日(土)放送のドラマ、いつかこの雨がやむ日まで。そのあらすじを見てみましょう。

 

森村ひかりは、ミュージカル女優を夢見る天真爛漫な女の子でした。

しかし、親しくしていたミュージカル女優が殺害される事件が起き、事態は一変します。逮捕されたのは殺された女優の恋人でひかりの兄・國彦。

加害者の家族となったひかりは逃げるように故郷を去ることになります。

苗字も母方の姓に変え、北園ひかりとなって…。

それから15年。世の中の残酷な敵意にさらされ続けたひかり。唯一の救いは追い続けていたミュージカル女優の夢でした。

そんなひかりの元に、兄・國彦の出所の情報が入ります。全てを壊した兄に決別を告げに行くひかり。そこで兄は思わぬ言葉を発します。

「俺は無実だ…」

15年の時を経てあぶり出されるそれぞれの罪と秘密、そして愛…そんな中、ある男と再会するひかり。

それは現場から逃走する兄を目撃し逮捕に至らしめた男、そして、かつて“ある約束”を交わした幼なじみの谷川和也(堀井新太)だった・・・。

なぜ、兄・國彦は無実の罪を被って、15年もの間、沈黙を保ってきたのか?

なぜ、出所後に、そのことを妹に告白したのか?

なぜ、妹に告白したあとに、姿を消してしまったのか?

うーん・・・、先の見通しがつかないぶん、この先の展開に興味は広がっていきますね。

渡辺麻友

 

 

いつかこの雨がやむ日までのみどころは、濃いキャラクターの脇役にあり?

ドラマ、いつかこの雨がやむ日まで。主演の渡辺麻友演じる北園ひかりに絡む、脇役にも注目です。

私が気になるのは、15年前の兄・國彦の事件を担当した所轄の刑事です。

この刑事役に木村祐一さんが出演します。

木村祐一さん演じる刑事は、國彦の出所を機に、ひかりや和也の周辺を嗅ぎまわるようになります。

この孤高の刑事は、どんな新しい事実をあぶりだすのか?そして、真犯人を見つけることは出来るのか?

非常に楽しみです。

お笑い芸人ながら、料理など、いろいろな分野の才能を発揮している木村祐一さん。

見た目の強面ぶりから、今回の刑事役はピッタリだと思ってしまいます。

取り調べでの、木村祐一さん演じる刑事に、ひそかに注目してます。

 

Sponsored Link

AKB卒業後、ドラマ初主演の渡辺麻友に求められるものとは?

ドラマ、いつかこの雨がやむ日までで難しい役どころを演じる渡辺麻友さん。

刑事役の木村祐一さん以外にもバラエティーに富んだ布陣が脇を固めています。

兄の起こした事件後から、精神を病んでしまった母親役に、斉藤由貴さん。

ひかりの幼なじみで、実家の老舗料亭「たにがわ」で板前をしており、後継ぎとして期待されている谷川和也役に、堀井新太さん。

和也の恋人で、過去のつらい経験から、心に闇を持つ銀行員の娘役に、筧美和子さん。

この役者陣のなかで、渡辺麻友さんに求められるものとはなんなのでしょうか?

不幸を背負いながらも、夢を追うひたむきな姿と、その心の動きをどれだけ表現できるか?だと思います。

大勢のメンバーがいるAKBで、長くトップを張り続けたプレッシャーに比べれば、大したことはないのかもしれません。

渡辺麻友さんに期待しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 未分類