ナイナイのお見合い大作戦!番組のルーツと加藤紀子の世話役は?ヤラセ疑惑があるの?

   

Pocket

いよいよ明日、「ナイナイのお見合い大作戦 下呂の花嫁3時間SP」が放送されますね。

いつもこの番組を見ていて思うのは、「岡村さんは、なぜ結婚しないのかなぁ?」ですが、

こればっかりは本人の問題ですので、今回はそっとしておきましょう。

私も婚活をする身で、この番組は身につまされる思いですが、怖いもの見たさってところもあります。

Sponsored Link

ナイナイのお見合い大作戦!その始まりはどこから?

定期的に放送されている「ナイナイのお見合い大作戦」

もうだいぶ長いこと放送されている印象ですが、いつから放送が始まったのか?気になったので調べてみました。

この番組のルーツとなるのが、2011年11月1日から2014年3月11日までレギュラー放送されていた『もてもてナインティナイン』の人気コーナー「お見合い大作戦」のようです。このコーナーを単発番組化したことが始まりとされています。

しかし、私の記憶では、たしか『沼島の春よ再び!お見合い大作戦』という特番で、島田紳助が司会だったと記憶しています。

この『沼島の春よ再び!お見合い大作戦』誕生にも、元になる前身の番組が、ありました。

島田紳助司会の『島田弁護協会』という番組です。この番組内の1コーナーで、兵庫県の沼島在住の独身男性が結婚希望の女性を公募して、お見合いをする企画が話題となり、後に特番で『沼島の春よ再び!お見合い大作戦』として放送。

この番組が評判となり、以後は、沼島以外の嫁不足に喘ぐ農村や漁村でも行われるようになりました。

一時期、「お見合い大作戦」は途絶えていましたが、ナイナイが引き継ぐ形で復活してくれたのは、嬉しい限りです。

 

加藤紀子のお見合い世話役はどうなの?

この「お見合い大作戦」では、司会のナイナイとともに、重要な役割を担っているのが、お見合い世話役です。

おもにこの世話役を担っている一人が加藤紀子さんです。

ご自身も一度、離婚を経験し、現在は再び結婚して幸せな生活を送っているようです。

その自身の経験が生きているのかどうかは分かりませんが、加藤さんは、この番組に参加している女性陣に寄り添い、

でしゃばりすぎることなく、見ている側からすると、ちょうどいい塩梅でサポートしています。

そして、悩んでいる女性には、そっとアドバイスしたり、気になる男性に近づけてあげたり・・・。

この番組に、なくてはならない顔になっているように思います。

 

Sponsored Link

参加女性にヤラセがいる?

この番組を見ていて、ひとつ思うことがあります。

女性参加者のなかに、かなりの美人が混じっていることです。

私は、恥ずかしながら婚活パーティーに参加経験がありますが、あの番組に参加しているほどの美人には、なかなかお目にかかれません。

もちろん、ゼロではないですけども。

その美人の参加女性がえり好みして、結局カップルになれずに終わるってパターンを良く見る印象ですが、みなさんはどう思いますか?

疑り深い私は、つい「こういう女性を演じているのかな?」などと、くだらないことを考えてしまいます。

美人でもちゃんとカップルになっている人も(というか、恐らくこっちのが圧倒的に多いんですが)いるので、ひねくれ者のしょうもない負け惜しみとしましょう。

 

 - 未分類