「この世界の片隅に」松本穂香の出身地や高校は?かわいいけど性格はどう?

   

Pocket

ドラマ日曜劇場「この世界の片隅に」ヒロイン・北條(浦野)すず 役を演じている松本穂香さん。

かわいいですね。

このドラマは原作が漫画だったんですね。

今は漫画からドラマや映画化されるものが多くなりました。

さて、松本穂香さん演じるヒロイン・北條(浦野)すず とは、どんな役どころでしょうか。

 

Sponsored Link

 

松本穂香の出身地は関西?高校が気になる、年齢も

ドラマ日曜劇場「この世界の片隅に」は、戦時中の広島を懸命に生きた家族の物語。

やはり、日本人には、戦争をテーマにしたドラマや映画って、どこか忘れちゃいけないと、心に響くものがあります。

 

 

松本穂香さん、調べてみると大阪府堺市出身のようですね。

私は勝手に、ほんわかしたやさしい顔立ちから、京都の出身かな?と思ってしまいました。

高校はどうやら地元の公立高校を卒業されたみたいです。

年齢は21歳です。

大学には進学せず、高校を出てから女優に専念されているようです。

中学時代はバレーボール部に所属。やさしい顔立ちからは想像しない、体育会系だったんですね。

 

相手役の松坂桃李は怖い?

ドラマ日曜劇場「この世界の片隅に」相手役の松坂桃李さん、私は映画「日本のいちばん長い日」でその存在を知りました。

ここでの、青年将校が、思想に染まって、危険な方向に突っ走っていくあの演技は、迫力と怖さを感じました。

若いのに、すごい役者さんです。

私の中の勝手なイメージは、松坂桃李さんは、怖くて冷徹な役どころがピッタリって感じです。

松坂桃李さんファンの方、気分を害されたらごめんなさい。

松本穂香さんも、松坂桃李さんをはじめとして、先輩役者さんから、いいものを吸収して、存在感のある役者さんになっていってほしいです。

楽しみです。

個人的には、今のかわいい盛りに、「もうちょっとグラビアなんかをやってほしいなぁ」と思ったりもしています。すんません(汗)

 

Sponsored Link

 

松本穂香、実は性格が暗い?

松本穂香さん、中学時代まで、自分の性格で悩んでいたようです。

あまり表に出て行く性格ではなく、どちらかというと、クラスの隅っこにいたそうです。こんなにかわいいのに。

高校に入学して、演劇部に入り、オタク系の部員もいて、そこでやっていくうちに、今の自分を受け入れられるようになったそうです。

世間では、いまだに内気な性格な(オタクっぽい)人を、事あるごとに責める人もいますが、こういう人のが、意外と根性があったり、ガマンができたりします。

普段、表に出さない分、いざというときのパワーは舐めてはいけません。

松本穂香さんも、自分を受け入れてから、内気でも、いろんなことを表現したい!伝えたい!というパワーはすごいものがあるでしょう。

今は、その可愛さと若さを武器にして、突っ走っていってほしいです。

 

 - 未分類