婚活パーティーの参加条件はどこで分かれる?年齢別に見る女性へのアプローチ方法

      2018/07/14

Pocket

婚活パーティーは、ほとんどが男性に参加条件をつけています。

ほとんどっていってもいいくらいにあるのが、年齢の制限です。だいたいの婚活パーティーのサイトは、5~10才幅で区切っています。

たくさんの女性に幅広く来てもらうためか、女性の年齢制限は、あまり見かけません。

私は40才を過ぎているので、参加するパーティーは、大体、男性35~45才位の制限があるパーティーです。

ここに参加する女性は、年齢の近い女性の参加が多いのですが、たまに30代前半の女性も参加していたりします。

そのアラサー女性に、最初の対話タイムで感じることは、良くも悪くも?「やっぱ若いなあ」ということです。

これは見た目うんぬんではなく、アラフォー女性と比べて、何かが違うのです。

ざっくりに言うと、どこかキラキラしているというか、希望を感じるというか…。

しかし、会話が進むと、話題などかみ合わないことも多く、話が途切れ途切れになってしまったり。

そこへいくと、アラフォー女性はほぼ同年代のおかげか、好きな番組や音楽などで、共通する部分があり、会話がスムーズにいくのです。

しかし、スムーズにいくのと同時に、お互い、人生の先が、ある程度自分で分かってしまっているというか…、何と言うか(汗)

うまく「言葉にできない」目に見えない部分ではあります。

 

これはもう、男性1人ひとりの好みや未来への考え方などで、銘銘に違ってきますので、どちらがどうということではありません。

アラサー女性には、多少会話がかみ合わなくても、熱意だけで「細かいことは、後で何とかなる」の思いでアタックするのもありですし、逆に、落ち着いた、大人の男の雰囲気を前面に出して、さりげなくアピールするのもいいかと思います。

アラフォー女性には、フレンドリーな親しみやすさと、現実的な、「しっかりと社会人してます!仕事頑張ってます!しっかり収入あります!」的な、割とストレートなアピールでもいいかと思います。口に出さずとも、自己紹介カードの年収欄は、アラフォー女性のがよく見ている印象です。

どちらの年齢の女性にアピールするにしても、まずは、パーティーに参加する前に、自分の中で、明確な目標をひとつでも持って参加したほうがいいです。

そうすることで、最終投票カードに女性の番号を記入するとき、迷うことはないと思います。

 

しかし、いつも参加して感じることは「人の好みって、ホントいろいろなんだなぁ」です。

最初の1対1の対話タイムで、ほぼずっと下を向いていて、ろくに目を合わせず、ボソボソと小さい声で話す小柄の女性がいました。

私は「せっかく参加しているのに…。男性との会話が苦手なのかな?」と思いました。が、後半のフリータイムで、一目散にその女性のもとに行き、必死にアピールする男性を目にしたときは、かなり驚きました。

その男性の目的は、分かりません。おとなしい人が好みだったのか?小柄な体型が好みだったのか?

いずれにしても、他人の「素」の部分が見れるのも婚活パーティーの面白いところです。

当然、私の「素」も、他の参加者にバッチリ見られてるんですけどね。

 

 

 

 

 - 婚活パーティー奮闘記