婚活パーティーに来る女性の職業でよくあるのは?女同士の妬みや嫉妬、性格って…

      2018/07/14

Pocket

婚活パーティーに何度か参加するうちに、何となく「あぁ、やっぱりな」と思うことがあります。

それは、パーティーに参加している女性の多くは、女性ばかりの職場、または女性の比率が高い職場の人たちです。

まず、ほぼ毎回、間違いないほどいるのは、保育士さんです。

今は男性の保育士も増えてきているようですが、まだまだ「女性の職場」って感じますよね。

一人で参加している保育士さんも、もちろんいますが、パターン的に多いのが、職場の同僚と一緒に申し込んで参加しているというパターンです。

二人以上の複数人で申し込むと、受付時に番号が並びます。例えば、三人で申し込んだ場合、申し込み時の代表者が5番だとすると、あとの二人は6番、7番、と言う具合になります。これは、三人一組で申し込んでいるので、受付を銘銘でバラバラにするのは、自分たちも、主催者にとっても非常に手間が掛かるからです。

そうなると、当然、番号が隣どうしですので、1対1の対話タイムで、自己紹介カードの職業の欄が「保育士」で続いていたら、まあ大体は同僚です。

休憩時間の歓談タイムに楽しそうに話していて、私が「お二人は、知り合いですか?」と聞くと、「同じ保育園で働いています」という返答がかなりの確立で返ってきます。

この同僚仲間で参加している女性のなかで「あっ、いいなぁ」と思う人がいても、カップルになる確率は低いと感じます。

実際、その同僚仲間はそろってカップル不成立で会場を後にして、仲良くおしゃべりしながら帰る姿を目撃することが何度かありました。(それを目撃しているということは、当然?私もカップル不成立だったんですがね)

なぜなら、このなかの一人がカップル成立したとすると、翌日、職場に行ってから、いろいろと「どうだった?」「どんな人なの?」と、しつこく、参加してない他の同僚までに聞かれてしまう恐れがあるからです。おしゃべりな同僚は、園児の保護者にまでしゃべる可能性があり、面倒臭くなるため、よほどの男性でないと、カップルになる気にならないのでしょう。

気に入った女性がこういう職場の仲間で参加している女性だったら、あまり無理をしてアタックするのはやめておいたほうがいいでしょう。

こういう、何ともいえない女の「しがらみ」って怖いんでしょうね・・・。

 

あと「あっ、きれいな人だ」とパッと見で思う人は、化粧品販売の仕事に就いている方が多く感じます。

この職業のひとは、一人で参加されている場合が多いです。

対話タイムでお話すると、接客業の為、土・日の休みは取りづらく、なかなか参加出来ないという話を聞いたことがあります。

なので、たまたま休みのシフトで土・日に当たり、たまたまその日に開催しているパーティーに参加するってパターンらしいです。

やはり化粧品販売をしているだけあって、メイクがきれいなんです。目立ちすぎず、ナチュラルに。

だからついつい目を奪われてしまいますので、フリータイムに声を掛けて話をしますが、話をしていくうちに「ちょっと性格きつそうだな」と感じます。なかには、自分から「私、性格きついんです」と話す女性もいました。

恐らくですが、こういう接客業は、ノルマが厳しく、ましてや女同士の顧客獲得争いなので、そのなかを生きてきた人は、いやでも性格がきつくなってしまうんでしょう。

当然、男性に求める条件も高くなるでしょう。この職業の女性のカップル成立は、私は見たことがありません。

私はそれでも、最終投票カードに第一希望で、この職業の女性の番号を記入して「突撃」しましたが、あっさり「玉砕」しました。(涙)

みなさん、玉砕覚悟ならよろしいですが、カップル成立を第一に考えているなら、無理はしないほうがいいでしょう。

 

 

 

 

 

 - 婚活パーティー奮闘記