婚活パーティー評判のいい会社、悪い会社って?キャンセル料金について書いてみた

      2018/07/14

Pocket

先に申し込んでいた婚活パーティーが中止になり、暇で婚活サイトをネットサーフィンしていたら、地元で開催される婚活パーティーを発見しました。しかも開催日は二日後。(あとになって思えば、この時点でアヤシイと疑っていればよかったのですが…)

参加費もリーズナブルだったので、「とりあえず参加してみるか」と申し込みました。

開催場所は地元の古いオフィスビルの地下会議室。当日、会場に向かうと、正直「え!?こんなところで、婚活パーティーやるの?」と思ってしまいました。地下会議室の扉を開けると、「受付はまだです~。もう少し外でお待ちください~」と、司会者らしき女性から言われる。

それが開始時間20分前。この時点でもまだ誰も来ていない。

一人寂しく会場の近くでポツンと立っていると、ようやく一人の参加者らしき男性がオフィスビルの中に入っていく。その男性の後を追うように私も入っていく。ようやく受付。

それから開始時間5分前くらいになってから、ようやく女性参加者が入ってくる。

「参加者が少ないなぁ。けっこう遅刻してくる人がいるのかなぁ?」とのんきにしてたら、

「これからパーティーを始めたいと思います!」の女性の声。

「えっ!?」 殺風景な地下会議室に会議用テーブル、パイプ椅子に座り向かい合う男と女。

その殺風景な地下会議室に、ラジカセ(古っ!)からユーロビート音楽が鳴り響く。一応盛り上げるためなのだろう。

フリードリンクっていっても、プライベートブランドのお茶とウーロン茶のペットボトルが2本。それをセルフサービスで紙コップに入れて飲む。

司会者の進行もおぼつかなくて、もやもやしてくる。 うーん・・・。

 

パーティー終了後、帰宅してからこのパーティーを主催する会社の評判をネットで見ると、まぁ散々なことが書かれていました。

それを見た私は「まあ、そうだわな。ありゃひでえわ」と一人で頷いてました。

みなさん、募集が早めに埋まっている婚活パーティー会社は、やはり評判がいいです。

スケジュールを立てるのが大変でしょうが、見切り発車でも早めに申し込んでおくのが良いでしょう。キャンセル料が、ちと痛いんですがね。

ちなみに、事前に申し込んだ婚活パーティーの参加費用が、通常より割引されていても、キャンセルすると、割引前の100%の料金を取られることがほとんどなので、注意しておきましょう。

 

この日は男性5名、女性4名の、こじんまりとしたパーティーでした。

この日のパーティーは1対1の4分間の対話を二周するのみ。それで最終投票カードに、第一希望~の女性の番号を記入して、司会者が集計して、カップリング発表して終わり。というシンプルな形式でした。

参加女性との対話を1周して、小休憩を挟み、対話タイム二周目に入ります。

 

ちょっと気になることがありました。女性4名のうち、2名が同じ苗字なのです。

「ただの偶然かな?」とも思ったのですが、顔立ちが似ているのです。

思い切って聞いてみました。「先ほどの方も○○さんって苗字でしたが、たまたまですかね?」

「じつは、姉妹で参加しております。向こうは妹です。」

しかし、その女性、自己紹介カードには、42歳と記入しています。

先ほどの妹だと言う女性の自己紹介カードには「43歳」・・・。

あれっ!?何か変だなぁ? なんで妹さんのが年上なんだ?(汗)

その姉だと言う女性に対し、対話タイム一周目の時点で、私は「これで42歳かぁ。あぁ、老け顔なんだな。苦労したのかな?」ぐらいに思ってましたが、謎が解けました。

 

女性は実年齢よりも、若干程度、若く見られたいんですね。

大きすぎず、小さすぎず、ってとこでしょうか。

とりあえず年齢の話題には、女性から話を振ってこない限り、触れないほうがベターです。気をつけましょう。

 

 

 - 婚活パーティー奮闘記