ハラスメントゲーム8話感想最終回あらすじ…古川雄輝ネクタイのブランドと値段も

   

Pocket

12月10日(月) 22時00分~の放送で、いよいよ最終回を迎えるドラマ「ハラスメントゲーム」

ここまでの秋津の奮闘ぶりに、拍手を送りたい気分にもなります。

いよいよマルオースーパーはどうなってしまうのか?

最終回が楽しみです。

 

Sponsored Link

 

ドラマ「ハラスメントゲーム」最終回あらすじ。マルオーは買収されてしまうのか?

毎回、いろいろなハラスメントをテーマにして、問題提起にもなっていたドラマ「ハラスメントゲーム」

最終回のあらすじを見ていきましょう。

 

秋津(唐沢寿明)の交渉で社長・丸尾(滝藤賢一)を救出するが、横手理市(加藤雅也)のマルオー買収に向けた動きは日に日に激しさを増していく。

そんな中、秋津の部下・高村真琴(広瀬アリス)には、カスハラ男・田端(迫田孝也)がマルオー品川店で暴れているとの連絡が…。

SNSでは「マルオーが全店舗閉店か!?」というデマが流れ、大炎上。 明らかに横手の仕業だ。

しかも、次の一手も動き出していて…。

 

いやはや、最後まで目の離せない展開が待っていますね。

 

 

ドラマ「ハラスメントゲーム」8話の感想。これは人間のRPGゲームなのか?

10日(月)の放送で、最終回を迎えるドラマ「ハラスメントゲーム」

途中から見始めてハマっている人も多いようです。

ハラスメントゲーム7話感想8話あらすじ…カスハラの意味と対策について

毎回、いろいろなハラスメントをテーマに、一話完結の形が多かったのが良かったんでしょうね。

毎回、ハラスメントについて、勉強にもなりますしね。

そんなドラマ「ハラスメントゲーム」8話の感想にも見ている人の熱い思いが込められています。

なんでテレ東はこのドラマを大々的にアピールしないんだ⁉おかげで途中からしか見てないよぉ😢

最初はいろいろなハラスメントを、一話完結でスカッとさせるだけのドラマかと思いきや、後半は周りの人との信頼感からか、たとえ別の行動だとしても最後は共闘していて、最後にはラスボスに挑むという、ある意味RPG的な面白さがあるドラマです。

全員のキャラが立っているし、また、脇田常務、スパイ秘書、腰巾着水谷さんの立ち位置が逆転するところも人間味があって面白いです。

やっぱりアレかな、トップに立つと、なかなか人を信じるということも難しくなるのかな…。

様々な角度から、見ている人を本気にさせてしまう魅力が、このドラマにはあるようです。

こりゃ最終回もアツくなりますね。楽しみです。

ハラスメントゲーム

Sponsored Link

ドラマ「ハラスメントゲーム」古川雄輝のネクタイが気になる…そのブランドと値段も。

ドラマ「ハラスメントゲーム」で顧問弁護士・矢澤光太郎を演じる古川雄輝さん。

かっこいいですよね。

そんな古川さんが、「ハラスメントゲーム」劇中で締めているネクタイの柄が気になるという声が多数上がっています。

調べたところ、このネクタイは Psycho Bunny(サイコバニー) というブランドのネクタイです。

古川雄輝

お値段は 12,960円14,040円 のものがあるようです。

うさぎの柄がいいアクセントになっていてオシャレですね。

少々、値は張りますが(汗)、一つは持っていてもいいネクタイに思います。

ちなみに、お手頃価格のハンカチもありました。

【Super Sale限定50%OFF!】Psycho Bunny|サイコバニー 無料 サイコ ブランド ラッピング OKスタードット柄 綿100% ハンカチ男性 メンズ プレゼント 贈答 ギフト2442-911ポイント10倍

 

10日(月)にクライマックスを迎える最終回「ハラスメントゲーム」見逃せませんね。

 

 

 - 未分類