ハラスメントゲーム6話感想7話あらすじ…唐沢寿明がセクハラ!?

   

Pocket

毎週月曜日 22時~放送中のドラマ「ハラスメントゲーム」

19日(月)放送の6話「リスハラ」もなかなかズシリとくるテーマでしたね。

この 「ハラスメントゲーム」を自分への戒めとして、仕事中の発言や態度を再確認する番組として見ている方もいるようです。

11月26日(月)放送の7話は、ハラスメントの王道?「セクハラ」がテーマです。

 

Sponsored Link

 

ドラマ「ハラスメントゲーム」7話あらすじ。秋津がセクハラで訴えられる!?

11月26日(月) 22時00分~から放送予定のドラマ「ハラスメントゲーム」第7話。

「セクハラ」をテーマにしながらも、社内権力抗争の匂いが漂いはじめています。

「ハラスメントゲーム」7話のあらすじをどうぞ。

 

 

常務・脇田治夫(高嶋政宏)を慕う役員担当秘書・小松美那子(市川由衣)の策略にはまり、秋津渉(唐沢寿明)はセクハラで訴えられてしまう。

これはすべて取締役・水谷壱郎(佐野史郎)の罠だった。

弁護士の熊沢咲子(松下由樹)から事情聴取を受け、無実を訴える秋津であったが、熊沢からは「証拠がない」と一蹴されてしまう。

秋津の無実を信じる部下・高村真琴(広瀬アリス)は、会社の顧問弁護士・矢澤光太郎(古川雄輝)と内情を探っていくが、決定的な証拠を掴めぬまま時が過ぎていき…。

 

19日(月)放送の6話から、第二章に入りつつあります。

ハラスメントゲーム5話感想6話あらすじ…リスハラの意味とは?

いったい秋津はどうなってしまうんでしょうか!?

やはり会社を去る運命になってしまうのか?😢 それとも…。

26日(月)の放送が待ち遠しいです。

ハラスメントゲーム

 

ドラマ「ハラスメントゲーム」6話の感想。これは大人の教育番組?

19日(月)放送の6話も、けっこうヘビーだったドラマ「ハラスメントゲーム」

早速、いろいろな感想・意見が上がってきています。

いやぁ、回を重ねるごとに、どんどん面白くなってきてますね。月曜日のルーティンになりつつあります。

こんな嫌がらせ染みたことなんてしないで、早期退職の条件を上乗せしてあげれば、ことはスムーズに進むと思うんだけど…。

あぁ、秋津室長、気を付けて‼ あの秘書は相当のやり手だよ!?

はて、どこがセクハラなんだい? 逆に?展開にハラハラしちゃうんですけど…。

秋津が善なのかというと、そうでもなく、脇田や水谷にも言い分はあって、ハッキリとした悪でもないところが、このドラマのカオスなところですね。こんな会社、実際にありそうですもんね。

などなど。

このドラマは、社会人になった大人の教育番組的なものを感じますね。

私も身につまされる思いです。

 

Sponsored Link

「リスハラ」に遭う前に…「退職代行」サービスとは?

19日の「ハラスメントゲーム」6話のテーマ「リスハラ」

自分がこの立場に立たされたら、どんな気持ちになるんだろうか?

いやむしろ、こんな嫌がらせを受け始めたら、自分で感付けないかな?

もし感付けたら、自分から退職を願い出たほうが、心を病まずに会社を去ることが出来るかな?

ぐるぐると頭の中を思いが駆け巡ってしまいました。(;'∀')

 

私も含めて💦自ら会社に退職を言い出しにくい人に向けて、現在は「退職代行」サービスなるものがあるそうです。

この「退職代行」サービスは他にも、会社に退職を打診しているが、なかなか辞めさせてもらえない人。

もう一日たりとも出社したくない!出来ればもう会社の人に顔を合わしたくない!なんて人の要望にも応えてくれるサービスなんだそうです。

ビジネスガイド 2018年 12月号 [雑誌]

現在はどの業種も人手不足。

私の勤める会社は、その状況を逆手にとって、さぼりまくって文句ばかり言っている輩もいますが…。

 

ボロボロになるまで使われて、心を病んでしまうよりは、こういったサービスを利用してみるのもいいかもしれませんね。

ってこれ、自分にも言い聞かせているんですけどね。(;^_^A

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 未分類