映画獣道の感想…天才子役だった伊藤沙莉が見せた役者魂とは?

   

Pocket

みなさん、伊藤沙莉(いとう さいり)という女優さんをご存知ですか?

私は全く知りませんでした。

現在、毎週水曜 22時00分~放送中のドラマ「獣になれない私たち」に出演している新進気鋭の女優さんです。

伊藤沙莉さんについて、どんな人なのか?調べてみました。

 

Sponsored Link

 

伊藤沙莉は天才子役だった!?

伊藤沙莉(いとう さいり)さんは現在24歳。

2003年にドラマ『14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜』で芸能界デビューを果たしています。

なんと9歳で役者デビューをしているんですね。

その後は「女王の教室」「GTO」などに出演しながら、キャリアを順調に重ねていきました。

デビューからしばらくは、天才子役と言われていたそうです。

2017年7月に公開された映画「獣道」では破天荒な生きざまを見せる女性を見事なまでに演じ切っています。

この「獣道」は、親の愛情を受けずに育った少女が、居場所を求めて各地を転々としながら、たくましく生きていく様子を描いている映画です。

内容がかなりインパクトがあるんですが、この映画、なんと実話を基にして作られた映画なんだとか。

こういう映画を見ると、現実って、ほんとに世知辛いというか、残酷なんだよなぁ…って改めて思います。

この主人公の少女を、悲壮感を漂わせることなく、コミカルな部分もありながら大胆に演じた伊藤沙莉さん。

今後の役者人生を代表する一作になる作品ですね。

伊藤沙莉

 

映画「獣道」の感想あれこれ。伊藤沙莉の役者魂が爆発!?

伊藤沙莉さんの役者魂が爆発している映画「獣道」は現在DVDが発売されています。

獣道【Blu-ray】 [ 伊藤沙莉 ]

この「獣道」を見た人からはいろいろな感想が寄せられています。

この映画は一回だけではなくて、二回。三回と見ることをお勧めします。映画の印象がガラッと変わります。何度でも見たくなる映画です。

描かれている世界は絶望的なのに、語り口はドライな感じで笑える面白い映画です。

いろいろな道で生きる人が出てくるけど、それぞれが皆、今いる世界を抜け出したくてもがき苦しんでいる。そのもがき苦しみながら生きている姿が、人間らしくて好きです。

などなど。

できれば見ないで避けたい人間のリアルな部分をコミカルに描いてくれているのが、これだけの称賛を生んでいるのかな?と。

ほんと、おすすめの映画です。

 

Sponsored Link

伊藤沙莉、かつての天才子役も悩んでいた?

映画「獣道」での怪演?ぶりが話題になった伊藤沙莉さん。

最近は、東京都多摩市内で開催された映画ファンの祭典「第28回映画祭 TAMA CINEMA FORUM」にて「第10回TAMA映画賞」最優秀新進女優賞を受賞しました。

伊藤沙莉

この受賞スピーチで「9歳から役者をやっていますが、楽しいことばかりじゃなく、辛くて、苦しいときもありました」と目を潤ませながら語っています。

天才子役と言われて、これまで順調そうに見えた役者人生ですが、人間誰もが思い悩む時期があるように、伊藤さんも悩んでいたんですね。

 

 

 

 

 

 - 未分類